気になる事にビビッド・フォーカス!

あなたの好奇心を刺激する事にフォーカス!するかもしれないサイト。

気になる事にビビッド・フォーカス!
Pocket

賢く節約!自動車に必須の車検でお得に安くするオススメの方法

2018年08月01日
Pocket

皆さんこんにちは。
日本には、2年ごとに車の車検が義務付けられています。
しかし、一般的に1回で結構な高額になることが多いですよね。
今日は、そんな車検についてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

・車検の大体の相場
一般的に車検は車の排気量により異なりますが大きく軽自動車と普通乗用車で金額が変わってきます。
軽自動車であれば、交換するものが何もなくて大体60,000から80,000円が相場ではないかと思ます。
普通乗用車は、排気用が大きくなれば金額も税金の声で起きるなりますが、1番小さい排気量で大体100,000円から120,000円位の相場ではないかと思います。
・車検を安く済ませるなら
毎年の車検はそれなりに懐にダメージが来ますよね。
車検を安く済ませたい時は色々と事前から準備をしておくことが大事だと思います。

・削れる部分はどこ
基本的に車検代の多くは税金がほとんどです。
なので必然的に、削るとするなら整備内容や部品を抑える努力が必要です。
しかしどうしても削れない部分は出てきます。

・逆に削れないところはどこ?
削れない部分は、ブレーキのオイルであるブレーキフルードや冷却水と呼ばれるクーラント類です。
あと軽自動車で以前のタイプに多いのですが、タイミングベルトも時期が来ているのであれば一緒に交換するのがオススメです。

スポンサーリンク

・最終的に1番安いのは?
最終的に車検を通す上で安いのは、いつも預けている整備工場で早めに見積もりを取り予約することも重要です。
やはりいつものお客さんなら整備工場側もある程度の無理も聞いてくれることがあります。
もう一つ効果的なのは、他社の車検見積もりを持っていくのも有効です。
ただし、自分でそれなりにできる人はユーザ車検というのが1番安いです。
それは自分でやるのでかかる費用が税金だけと言うのが大きな利点です。
・ユーザ車検の利点
先ほども述べましたように、ユーザ車検の最大の利点は安いところです。
それなりに自分の車の状態を把握しており、ある程度整備知識があれば日本の車検を通すのは簡単です。
しかし何年も乗り続けているものなどは、やはりユーザ車検では厳しい部分もあります。
もし腕に自信があるのなら試してみる価値は十分にあるでしょう。
・まとめ
いかがでしたでしょうか?
基本的には、整備工場にお任せするのが1番です。
新車であれば最初の車検は特に何もする事がないかと思いますか日々の運転の仕方やメンテナンスの仕方によって一概には言えません。
せめて自分でできる事はある程度できるようになっておくと後々の車検や日々のメンテナンスで大変重要になってきます。
自分の車のコンディションをしっかり把握して今後のカーライフを充実したものにしていきましょう。

スポンサーリンク

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です