気になる事にビビッド・フォーカス!

あなたの好奇心を刺激する事にフォーカス!するかもしれないサイト。

気になる事にビビッド・フォーカス!
Pocket

睡眠の質を高めてしっかり快眠!手軽にできる眠りの質をあげる方法

2018年07月20日
Pocket

みなさんこんにちは。

最近、よく眠れていますか?

こう暑いと寝苦しいですよね?

でも健康になるにはしっかりとした睡眠が欠かせません。

今日はそんな睡眠について話をします。

スポンサーリンク

・そもそもなんで睡眠が重要?

睡眠は、人間の三大欲求の一つです。

不眠症でない限り、眠くなるのが当たり前です。

あまりにも眠らなさ過ぎると命にも関わってきます。

・眠りに種類がある

眠りには二種類あってレム睡眠とノンレミ睡眠の二種類です。

みなさんもどこかで聞いた事があるはずです。

・レム睡眠

レム睡眠は浅い眠りでこの時に夢を見る事が多いというので聞いた事があると思います。

明け方になると長くなる傾向にあるそうです。

・ノンレム睡眠

ノンレム睡眠は深い眠りで、この時は脳も眠りについている状態なので、夢を見る事もないぐらい深い眠りです。

こちらは明け方になると短くなる傾向にあります。

・質の良い睡眠を取るには?

質の高い睡眠を得るには前述したノンレム睡眠をいかにしっかり取るかにかかってくるそうです。

 

・黄金の90分

この「黄金の90分」は最初に来るノンレム睡眠の事です。

ここをしっかりとると翌日にはスッキリ目覚める事ができるそうです。

・体温がカギ!

この黄金の90分の大きなカギを握るのは体温が重要です。

人間の体温は、「深部体温」と「皮膚温度」の二種類が有り、この深部温度が眠りの重要なカギを握っているのです。それではいよいよ本題に入って行きましょう。

・眠る90分前に体温をあげておく

この「深部体温」は、体内の体温の温度なのでこれをあげておけば、睡眠に入ると体温はどんどん下がるので、入眠しやすくなるのです。

・つまり寝る前90分にお風呂に入るのが理想

体内温度をあげるのはそこまで簡単では有りません。

でもそれを簡単にあげてくれるのは入浴です。

そして、入浴で上がった分だけ深部温度は下がろうとしていくのです。

・周りの温度にも注意を向ける

効率良く深部温度を下げるなら周りの温度にも気をつけたいところです。

冬場は寒いから、すぐに上着などを着込みたくなりますが、それでは熱がこもってしまい上手く放熱ができなくて下がってくれなくなります。

なので、周りの温度も適温にして効率よく体温を下げるようにしましょう。

スポンサーリンク

・他の要因はあるの?

体温以外の要因としては、寝る前にパソコンやスマホなどをいじるのもあまり良くありません。

俗に言うブルーライトは目に非常に強い刺激を与えるので目が冴えてしまいます。

気になる人はブルーライトカットレンズなどを使っていくのもありだと思います。

・激し過ぎる運動はやめる

運動すれば疲れてるゆっくる眠れるだろうと思いますが、寝る前にはあまり激しい運動は控えましょう。

余計に興奮してしまい目が冴えるだけであまりいい事はありません。

寝る前はゆっくりリラックスできる環境を整えた方が余程建設的です。

・まとめ

如何でしたか?

睡眠はしっかり取らないと今の時期は暑い盛りです。

熱中症の発症にも十分影響があるので看過はできません。

先述しました

・体温をしっかりあげる

・入眠時に効率よく体温を下げる環境を作る

・寝る前のスマホやパソコン作業はほどほどに

・適度な運動は必要だけど激し過ぎる運動はやめましょう。

これらを参考にして、素晴らしい快眠ライフを送っていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

 

 

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です