気になる事にビビッド・フォーカス!

あなたの好奇心を刺激する事にフォーカス!するかもしれないサイト。

気になる事にビビッド・フォーカス!
Pocket

もはや異常気象で災害級!この夏の暑さと熱中症の予防対策をしてこの夏を切り抜けよう。

2018年07月15日
Pocket

みなさん、こんばんは。
今日も全国的に猛暑を通り越して酷暑になってます。
愛知や京都では38℃を超えているようです。

スポンサーリンク

・もはや、この暑さは尋常ではない

気温が体温と同温になるなど少し前まではそんなに発生すことはありませんでした。

しかし、今は気温が体温を超えて、熱がある時の体温並みになっているのです。

・梅雨直後は熱中症になりやすい

梅雨が開けてまだ日にちがそんなに立っていませんが、気温は一気に上昇していしまいました。

梅雨が開けてすぐは、人もまだ体が気温に慣れていません。

そんな中で、気温が急激に上昇すると暑さに慣れていない人が倒れるのです。

・熱中症の発生要因

熱中症が発生する要因としては、環境と健康状態と行動に起因するといいます。

環境・・・気温が高く、湿度も高い状態や、気温の急激な上昇。

体・・・睡眠不足・肥満・二日酔いなど体調が良くない時

行動・・・炎天下の中での屋外作業・慣れない運動など

要因が重なると熱中症が発症してしまうのですが、その前に色々なサインが出てきます。ここではそれらを紹介して行きましょう。

スポンサーリンク

・顔の火照りや目眩

軽度の症状としてあるのが、顔の火照りや目眩です。

ただ、この程度の症状では、熱中症を疑うよりも寝不足だったり少し貧血かなぁという認識だけで終わりそうですよね。

・筋肉痛や痙攣

こちらも比較的軽度の症状ですね。

激しい運動などをしているとこのような事は普通に起きそうなので見逃してしまう可能性が高いですよね。

・体のだるさや吐き気

この辺りになると少し熱中症かもという感じになるでしょう。

少なくともこの辺りになったらすぐに作業も運動も中断して、涼しいところに移動してしっかり休息を取りましょう。

・汗のかき方がおかしい

汗を拭いても拭いても汗が出たり、逆に全く汗を書かなくなった場合も体の出している危険信号です。

・体温が高い、皮膚の異常

体温が高くなって触ると熱かったり、赤く乾燥しているのも熱中症の症状です。早く医療機関に行きましょう。

・まっすぐ歩くことができない、呼びかけても反応がない

ここまで来ると流石に鈍感な方でもわかると思います。

まだ動けるならできる限り涼しい所に移動し、誰かに助けを求めましょう。

・水分補給ができない

この辺りになると、発症者にはどうすることもできないと思うので、倒れていたりしたのを見かけた人はすぐに救急車を呼び処置をする必要があります。

・熱中症になったら

熱中症は対策がおろそかになると一気に進行し最終的には死に至ります。

自身が上記症状を感じたらすぐに対策を講じるのが必要ですし、もし他の方がそのような症状を見せていたら早く処置を行いましょう。

・処置1 涼しい所に移動する

体内の温度が上がっているので、可能であれば涼しい所に移動して安静にしましょう。

・処置2 衣服を緩めるまたは脱がし体温を下げる

1の処置と同じかとは思いますが、体温を下げるのがまずは最優先になります。

しっかり体温をさげて様子を見ましょう。

・処置3 水分と塩分を補給する

体温を下げるには汗をかくのが効果的です。

ただ、汗をかくとナトリウムなどの塩分を多く消費してしまいます。

人間の体はほぼ水分でできているので水は大事ですが塩分も取らないと余計に悪くなる事があります。

・まとめ

如何でしたでしょうか?

ここ何日かは特に暑く、京都などの一部の地域は38℃を超える猛暑を記録したとの事です。

2018年は災害が続きますが、この暑さも最早災害と読んでもおかしくないものだと思います。

一昔前は、30℃を超えるのも珍しかったのに今では人間の体温とほぼ同じ温度になってきました。

これからの屋外作業やスポーツは最早自殺行為になってきているのです。

これから高校野球のシーズンといいますが、こんな酷暑の中で彼らに炎天下での試合をさせる高野連の考えには正直理解できません。

誰かが死んでからでは遅いのです。普段の生活をしている人でも亡くなるという認識を持ち、時期をずらすなどを行う所まできているのを考えて欲しいです。

スポンサーリンク

 

 

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です