気になる事にビビッド・フォーカス!

あなたの好奇心を刺激する事にフォーカス!するかもしれないサイト。

気になる事にビビッド・フォーカス!
Pocket

お彼岸にフォーカス!由来と意味とちょっとした雑学を知ろう。

2018年09月24日
Pocket

みなさんこんちは。

先週の暑さがまるで嘘のように

涼しくなりましたね。

今回は、お彼岸にフォーカスします。

 

変わりゆく季節に

思いを馳せてみてはいかがでしょう?

 

 

スポンサーリンク

・お彼岸とは・・・

今年は9/20日から!

一般的にお彼岸は春分の日と秋分の日の

前後3日を

合わせた期間をさします。

 

初日を彼岸の入り、

最終日を彼岸明けとしているのが一般的です。

 

・お彼岸の由来とは?

仏事になっているのは日本だけ!

お彼岸は浄土思想が起源とされています。

 

極楽浄土は西方にあり、

春分と秋分は太陽が丁度、

真東から真西に沈むので、

沈みゆく太陽を礼賛し、

はるかかなたにあるとされる極楽浄土に

思いを馳せる。

 

というのが始まりとされています。

 

・暑さ・寒さも・・・

だいたいこの時期まで!

良くことわざで、

「暑さ・寒さも彼岸まで。」

というように、ものすごく暑い時や

寒い時が続いても、

だいたい彼岸を過ぎると和らぐ。

 

という事で言われています。

先週まで、暑さが少しぶり返していました。

ですが今日は寒いくらいに涼しくなっています。

 

 

・牡丹餅とお萩

色々諸説あります。

お彼岸のポピュラーなお供え物といえば、

牡丹餅とお萩が一般的です。

 

これらも色々諸説あるようです。

少し面白い雑学の世界ですが紹介します。

 

・春は牡丹餅・秋はお萩

季節で変わる説

お彼岸は春と秋にあるので、

それぞれの季節にさく花を、

モチーフにしたと言われています。

 

・もち米を主とした牡丹餅・うるち米を主としたお萩

中身で変わる説

こちらも聞いたことがあるのではないでしょうか?

牡丹餅はもち米で、

お萩は、普通のお米(うるち米)。

昔から言われていたかまではわかりません。

 

・こし餡・牡丹餅、粒餡・お萩

こちらは外側で変わる説

これも聞いたことがあると思います。

個人的にはこし餡が好きなので、

こし餡牡丹餅説は良いと思います。

スポンサーリンク

 

・季語としては?

川柳には使いません

良く短歌や俳句に用いられる季語。

彼岸は春の季語となり、

秋の季語としては、

秋彼岸などがあるようです。

 

季語が必要にない川柳では使うことは、

少ないでしょう。

・彼岸花

彼岸の時に良く見る華

秋の彼岸時期に良く見られる赤い花。

この花を見るとああ、

いよいよ秋も深まるかなと思います。

ですが、この花は綺麗なだけではないのです。

 

・有毒性の植物

綺麗な花には毒がある

彼岸花には、アルカロイドと呼ばれる毒が

あります。

 

田んぼなどに良く植えてあるの理由として、

害虫やモグラを避ける効果があるかも?

だそうです。

 

モグラは肉食ですが、

餌となるミミズなどがそれらの毒を嫌がるので、

その周りからいなくなるからと言われています。

 

・まとめ

いかがでしたでしょうか?

少し、脱線してしまいましたが、

お彼岸は日本では非常に季節の変わり目として、

わかりやすい基準になっています。

 

実際、

彼岸を超えて暑かった日や、

寒かった日をあまり感じたことがありません。

 

日本には四季があるので、

余計に彼岸を意識してしまうのでしょう。

 

これから深まる秋に楽しみ、

冬を迎える準備をしましょう。

スポンサーリンク

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です