気になる事にビビッド・フォーカス!

あなたの好奇心を刺激する事にフォーカス!するかもしれないサイト。

気になる事にビビッド・フォーカス!
Pocket

集中力の深さ・長さ・速さを知り、効率よく目的を達成できる方法 ベスト4

2018年10月04日
Pocket

みなさんこんにちは。

何か作業をするときにすぐに集中できますか?

私は、

すぐには集中できないかもしれませんが、

一度集中すると、

結構持続します。

 

みなさんも経験があると思いますが、

割と切羽詰まるとスッとゾーンに

入るような感覚があるでしょう。

スポンサーリンク

まさに火事場の馬鹿力ですが、

毎回そうだとなかなか疲れますよね。

 

今回は、

そんな集中力にフォーカして見たいと思います。

 

どうしてもさっと方を着けたい事や

仕事の面倒な事も

しっかり集中してやれば

案外簡単にこなせるのです。

最後に、

明日からすぐに使える簡単に集中する

方法をお伝えしますのでお楽しみに。

 

・集中するとどんなメリットが?

基本的に集中するとそれだけを

徹底して行うので、

作業が早くなります。

 

また、集中しているがゆえに

細かい違いや違和感にも

気づくことができます。

 

・人間の集中力は?

一般的に人間の集中力は最高に集中できて

15分が限界とのことです。

そのあとは30分が普通に集中できて

頑張って90分と言われています。

 

・90分以上集中できる時もある

しかしながら、

90分以上も集中できる事も確かにあります。

好きな事であったり、

切羽詰ったしまった時など

やらなければいけない時は

問答無用で集中できます。

 

・集中するのにばらつきがあるのか?

個人的に思うのですが、

自分の気になる事や好きな事は

直ぐに集中できませんか?

逆に、

苦手な事や面倒な事だと

なかなか集中できません。

 

好きこそ物の上手なれ

と言うことわざの通り

好きな事は直ぐに集中できて楽しめるから

上達も早くなるのだなと

思ってしまいます。

 

・では苦手な事はどうすれば?

しかし、

仕事となるとそうはいきません。

やりたくない仕事でも

やらなければ、

他の人に迷惑がかかったり

納期に追われるのもしんどいです。

 

そう言う時にオススメの方法を

ご紹介します。

 

・まずはやってみる。

とりあえず何かしら行動を起こす事です。

やる気は待っていても絶対起きません。

 

行動する事で心と体に火が入るのです。

千里の道も一歩からと言います。

少しやってみると意外と

すんなり集中できて

いい結果になると思います。

 

・神経を張り巡らせる

意外と神経を研ぎ澄ませるのも

いいかもしれません。

 

私の体験談ですが、

作業をしているときに

周囲の音や違和感を見つけたり

機械操作の感覚を研ぎ澄ませる

とものすごく集中できました。

 

それはひとえに失敗をしないといった

事でもあるし、

スポンサーリンク

事故を起こさないと言う

感覚に近いです。

 

・自分が集中していることを自覚する。

集中していると周囲の状況に気を取られる

と言うことはあまりないと思います。

 

しかし、ふとした瞬間に

ああ、今自分がすごく集中しているな

とわかる瞬間があると思います。

普通ならそこで集中が切れてしまいそうですが、

集中している感覚を持つことができていれば

そのまま集中し続けることができます。

 

・休憩を挟みながら行う

最初にお伝えした。

人間の集中力は15分が限界

ならば15分集中して

少し休憩。

その後また15分集中する。

これならなんとなくですが

無理なく、

作業に没頭できそうです。

 

また、長時間集中しっぱなしではないので、

精神的にも負担が少ないと思います。

スポンサーリンク

・まとめ

いかがでしたでしょうか?

自身の能力を可能な限り

全開で動ける集中状態。

 

うまく使いこなせれれば、

日々の仕事でも自分にとって

好ましい結果になるでしょう。

 

個人的には集中すると

仕事したなと言う達成感もあり、

日々の自分の仕事にやりがいを感じてきます。

 

ただし、

切羽詰った状態も

確かにいつも以上の力が出ますが、

気分的に追われて仕事をするのではなく

余力があるときにしっかり集中して、

確実に片付けていったほうが

着実に終わりますし、

何よりバタバタしなくていいのは素晴らしいです。

みなさんもぜひ明日から実践してみてください。

 

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です