気になる事にビビッド・フォーカス!

あなたの好奇心を刺激する事にフォーカス!するかもしれないサイト。

気になる事にビビッド・フォーカス!
Pocket

老人によるクレームにフォーカス!老害クレーマーの種類と対処法 3選

2018年09月28日
Pocket

みなさんこんにちは。

9月の17日は、

敬老の日でした。

 

しかし、

最近は尊敬できるご年配の方は

減ってきているように思います。

 

今回はそんな人生の先輩に

フォーカスを当てたいと思います。

スポンサーリンク

 

・近年クレーマー老人が増えている。

 

みなさんもよくお年寄りによる

クレーマー事件の話題を

聞いたことがあるでしょう。

 

実際に最近は老害化する

高齢者が増えてきているのが

事実です。

 

・こんな人がよくなる

 

老害クレーマーになりやすい人の特徴として

色々な要素や経験が元に

クレーマー化することが知られています。

 

正直な所、自己主張が激しく

意味がわからない正義感の元

他者を傷つけているのに気付いていない

というパターンが多いようです。

 

・オラオラ上司系

 

かつてバリバリに仕事をこなしていた方、

多くの部下を抱えていた方が

クレーマー化することが多いそうです。

 

昔は部下を引き連れて

俺は尊敬を集めていた。

 

そんな方がよくなるそうです。

 

・暇な寂しい系

 

高齢に伴い、

比較的時間に余裕のある方も

クレーマーになりやすいそうです。

 

しかも、

家族から見放された方が

誰かに構って欲しくて

反論できない店員などに

八つ当たりをしているかの如く

クレームをつけるそうです。

 

・理屈理論系

かつて道に精通していた人が

なりやすいみたいです。

はっきり行ってでっかいお世話な

場合がほとんどです。

 

しかし、

なまじ知識があるだけに

細かい矛盾にいちいち突っ込んでくるので

非常に手がかかるし、

おまけに問題になりやすいです。

ある意味そんな人は、

他人に嫌われるのも頷けます。

スポンサーリンク

・もし遭遇してしまったら?

 

できればその場でお帰り願いたいものですが、

実際の場でそれを言うわけにはいきません。

 

大きい企業では、

対策のマニュアルもあるので、

それに乗っ取ってしっかり対応することが

大事です。

 

・オラオラ系上司の対処法

 

このタイプの方は基本的に口答えが

嫌いなタイプです。

 

なのでしっかり相手の主張を聞いて言い方に

気を配りながら対処しましょう。

この手のタイプは、

上手く話を持っていければ

心強い味方になってくれることでしょう。

 

・暇な寂しい系の対処法

 

このタイプは基本的に寂しい人が多いです。

なので、

基本的にはしっかり話を聴き

なおかつ相手目線の相槌など

相手の不満に答えることが基本です。

 

あくまでも構ってちゃんなので、

場合によってはかなりしつこい粘着系にまで

悪化することもあるので、

程々に切り上げるのも手です。

 

・理屈理論系

 

このタイプは基本的に一人で対処するのは

やめた方がいいタイプです。

 

基本的に自分に正義があると信じて

疑わないので、

一人で相手をするとなまじ

知識があるので返り討ちに会う可能性が高いです。

 

なのでこちらも理論武装はもちろんですが、

可能であれば、

上司にも援護をしていただけるように

段取りを組んで挑みましょう。

 

下っ端の話よりも、

立場のある人の一言なら

反論することなく

終わる場合もあるからです。

 

・誰にとっても住みにくい環境に・・・

 

本当に最近は、

色々なクレームや苦情が日々溢れてしまっています。

 

幼稚園の子供の声すら騒音だと言い出した時には

正直それはあんまりだろうと

思ってしまいました。

 

自分達の主義主張を言うのは自由です。

ですがそれを自分以外の誰かに、

押し付けるのはまた違うことだと思います。

 

そう言うのが積み重なって

孤独死などの問題にもなっていると思います。

尊敬できる人なら誰しも雑な扱いなどはしないのです。

尊敬してもらおうなんて思っている人を

誰が尊敬できるのでしょうか?

スポンサーリンク

・まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、老害のクレーマーについて書いてみました。

若い人にもクレーマーはいますが、

ある程度理由を話せば納得してくれます。

だからそんなに大事にならないのですが、

高齢者の方は先入観で、

自分が正しいと言うことを信じて疑わないのです。

 

正論を主張するのもいいでしょうが、

柔軟に切り替えれる心のゆとりも

持ち合わすことができれば、

皆に尊敬される人生の先輩として

ご教授をお願いされる事と思います。

 

 

 

 

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です