気になる事にビビッド・フォーカス!

あなたの好奇心を刺激する事にフォーカス!するかもしれないサイト。

気になる事にビビッド・フォーカス!
Pocket

台風の対策は大丈夫?自然災害に向けて気をつけて準備したい 6か条

2018年10月04日
Pocket

みなさんこんにちは。

今週末もまた台風が来るようですね。

今年は本当に台風が良くきますね。

 

一昔前は、

沖縄や九州にだけ直撃だったのが

最近では、

日本列島を縦断したり、

逆に進んだりと

今年は輪をかけて

異常気象と呼べる状況が続いています。

スポンサーリンク

元々、

台風が割と来ることの多い

九州は多少なりとも

対策のノウハウがあるのですが、

あまり来るの事の無い地域は

被害が大きくなりやすいです。

 

今回は、そんな台風の対策に

フォーカスを当ててみました。

 

日曜日には本州の日本海側も強風域や

暴風域に入るようなので

早めに対策を施して、

無事に乗り切りましょう。

 

明日すぐできる対策も

ご紹介しますので

参考にしてみてください。

 

・早め早めの対策を

最近は、

気象情報もかなり正確になってきたので

ある程度の台風の進路には

予想ができます。

 

だからこそ、

前日に対策を行うのではなく、

早め早めに準備をしましょう。

 

・飛ばされそうな物はあらかじめ仕舞う

これは当たり前ですが、

台風の時は風が強いので

事前に飛ばされそうな物は

家の中や物置があるところは

その中に仕舞いましょう。

 

飛んだ物が窓などを壊すと

いろいろ大変です。

 

・窓の補強は養生テープを

雨戸があるところは雨戸を出せばいいのですが、

賃貸マンションでは難しいですよね。

 

そんな時は、

養生テープ(ビニール製の物)

を窓にバッテンを描くように

貼りましょう。

 

ここでミソなのは、

ガムテープを使わない事。

 

なぜなら、

ガムテープだと粘着力が強すぎて

剥がす時に、

テープの跡が汚く残ってしまうからです。

 

ですが養生テープであれば

剥がす時も比較的簡単に取れて、

跡も残りづらいからです。

 

・食料は多めに買っておく

台風が接近するとわかっているのなら

事前に食料は買い込んでおきましょう。

 

事前に2〜3日分の食料を購入しておいて

外に出る機会を少しでも減らしておきましょう。

 

可能であれば缶詰め製品など

調理をせずに食べれる物を準備しておくことを

強くオススメします。

 

もし停電が発生すると、

家電が使得ません。

ガスであればあまり止まることはありませんが

停電が続けばIHクッキングヒーターなどは

使えません。

 

なので調理が必要でない物を買っておいて方が

賢明です。

スポンサーリンク

・ガスコンロのガスや乾電池も備蓄を!

停電の対策として、

ガスボンベ式のガスコンロもオススメです。

もしお湯などを沸かさなければいけない時に

ガスコンロがあると重宝します。

 

ボンベのガスで火を起こすので、

ボンベがあれば調理ができます。

 

また、情報を集めるのに、

ラジオやスマホが便利です。

 

電池はもしもスマホなどの充電にも使用できますので

乾電池対応の充電器があれば、

それも合わせて用意しておきたいですね。

 

・ひどくなりそうなら早急に避難を

どうしようも無くなってから避難しようとしても

危険なだけなので、

早め早めに避難をできるように準備は

万全にしておきましょう。

 

貴重品の管理や、

地域の避難ん場所など

ハザードマップを参照にしながら

どのルートを通って逃げるかも考えておきたいです。

 

・無駄な外出を控える

本音を言えば、

仕事ですら基本的に台風が接近している時には

行くべきではありません。

 

災害の時は仕事よりも

自分の身を守ることを優先すべきなのです。

サービス業だろうと、

災害の時は避難するべきなのです。

 

命に勝る仕事など、

命を助ける事以外ないのです。

 

それでも命より仕事というブラック企業さんには

早急にお別れを告げた方がいいでしょう。

 

前にも言いましたが、災害時に出勤していて

万が一があっても

会社は助けてはくれません。

 

会社は助けを乞うのに、

個人が災害に巻き込まれても

知らん顔のところが多いのです。

 

・水辺や高い場所に近づかない

意外と当たり前なのですが、

地方に行けば行くほど

これを守れず、

行方不明や怪我をする方が多いです。

 

川は増水していますし、

高いところでは風に煽られて

転倒してしまう危険が

物凄く高いです。

スポンサーリンク

・まとめ

いかがでしたでしょうか?

冒頭でも言いましたが、

今年は本当に、

災害が多い年です。

 

日々、災害に備えておくのがベストですが、

なかなか、当事者にならないと

準備できないのが人間です。

 

しかし、

日々のちょっとしたことで

防災に繋がることも多いのです。

 

まだまだ台風が来る可能性もあるので

今後に向けてもう少し準備をしてみても

いいのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です