気になる事にビビッド・フォーカス!

あなたの好奇心を刺激する事にフォーカス!するかもしれないサイト。

気になる事にビビッド・フォーカス!
Pocket

地震への備えにフォーカス!地震発生時の初動と揺れが収まった時にやっておきたい事

2018年09月06日 [ ラジオ 北海道 地震 大阪地震 島根地震 熊本地震 福岡西方沖地震 防災 ]
Pocket

みなさん、こんにちは。

今年は本当に災害の当たり年と言いたくなるぐらい甚大な被害のでる災害が続いています。

朝、ネットのニュースで北海道の地震の知らせを聞いて非常にびっくりしました。

今回は、ここ最近頻発している地震にフォーカスを当てていざと言うときの参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

・地震発生時に注意したい事

 

地震が発生した時に注意したいことはまずは頭を守ることです。

大きな地震が発生すると多くの物が上から落ちてきます。

それらが頭に当たると怪我をするだけでは無く最悪意識をなくす事もあります。

意識をなくすと逃げる事もできません。

 

・夜中に地震に遭遇する場合

 

今回の北海道地震や21年前の阪神淡路大震災のように早朝や朝方など

まだみなさんが寝ている時に地震が起きてしまうとどうしても初動が遅れてしまいます。

なので可能であるのならば寝室にはあまり大きな家具類は置かないようにしたり、

または転倒防止の対策を行うといいでしょう。

 

・揺れが収まったら

 

最初の大きな揺れが収まったら、周囲の安全を確認しながらまずはライフラインの確認をしましょう。

地震の直後なら水道管などが破裂でもしない限り水が出ないと言う事も少ないので早めに浴槽に
水を貯めましょう。

続く余震などで電線などが切れて電気が来なくなるとポンプ式の家などは本当に水が出なくなります。

飲み水確保や、生活水の確保に多くの水がどうしても必要になります。

一旦揺れが収まったらとりあえず浴槽に水を貯めましょう。

スポンサーリンク

・情報収拾を素早くしましょう。

 

大きな地震が起こるとどうしても現状の打開を測る事に集中しなければいけませんが自分が置かれている状況を確認する必要があります。

そのためには常に最新情報を集めなければなりません。

自分の住んでいる地域が今どう言う状況下であるかを知る事で次にどう動くかを考える事ができます。

そのために大変大きな役割を果たしてくれるのがラジオです。

防災無線も地域の状況を教えてくれますが、やはりラジオの地震速報はとてもありがたいです。

そして何よりラジオの利点は災害用なら手動の発電機が付いている物があるからです。

どうしても停電で電気がない。

電池も切れてしまっていた。

そんな時に手回し発電機付きのラジオがあれば情報を集める事ができます。

 

・非常食の備蓄を

 

飲み水の確保ができたら次に深刻になるのが食料問題です。

日頃からもしもの際に防災袋などを準備しておけばその中に非常食を備蓄できます。

また、常温でも長期間保存できるお菓子などもいざという時に役立ちます。

例えばビスコなどはそれなりに栄養価もあるので非常食にもなります。

常日頃いざという時のことを考えてお菓子なども買い置きしておくのもいいでしょう。

 

・まとめ

 

今年だけでも大きな地震が3回ほど起きています。

四月に島根県。

六月に大阪府。

そして今回の北海道地震。

今後も色々な災害が起きると言うのは十分考えられます。

私たちはどこかで自分の地域は大丈夫だろうと言う根拠のない自信を持ってしまいがちです。

正直私も福岡西方沖地震や熊本地震に被災するまではまさか自分身近に起きるとは全く予想すらしませんでした。

もはや、いつどこで災害に遭遇してもおかしくは無いのです。

今回の事を対岸の火事と傍観する事なく自分ごとと捉えて日々もしもに備える事も必要です。

幸い日本は地震大国とも言われているので実際に被災しても諸外国のように人的被害はかなり少ない部類です。

ですが全く被害がないわけでも無いと言う事を肝に銘じ日々自己防衛に努めることはとても大事なことなのです。

スポンサーリンク

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です